Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

ブログの説明

このブログはアフリカで気付いたことなどを書いておく、日記である。

 

短くていいので、日記だから毎日更新する

2017年 Foodexに行ってきた

展示会 食品関係 日本

タンザニアから日本に帰ってきて、はや1ヶ月強過ぎていた。

それまでに間にアフリカとは関係のない東北プロジェクトに関わったりしていて、本業のアフリカ製造業がおろそかになっていた。

今回は日本の食品加工業を勉強するためにFoodex in 幕張メッセに行ってきた。


f:id:shun1234:20170311124131j:image


ジャム
ハム
魚介類の漬物・加工品
業務用調理器具


タンザニアの場合、食品は瓶、缶か箱に入っているものがほとんどだけれども、プラスチックでできているが口の部分は工夫されているものなどがありとても参考になった。

実際その容器がタンザニアのパッケージ工場で作れるかは置いておいて、将来的にコストも考えて使ってみたいと思った。

また、保存料を使わないで約3-6ヶ月保存できる技術はとても参考になった。

名刺も何枚かもらっているので、海外展開を考えている企業に声をかけてみたいと思った。


お魚のすり身を使った商品でソーセージなど作れればと思っていたが、チーズや生クリームなどと混ぜてケーキやお菓子が作れるのはかなり可能性があると思う。

お肉と比べてカロリーが少なく栄養価が高いので健康的と宣伝していた。


f:id:shun1234:20170311124116j:image

まだカロリーをできるだけ多くとりたいタンザニアにとっては富裕層相手の商売になってしまうかもしれないが、中間層も増えてきているのでいけるのではないか?

 


USBで調理データを吐き出せるFujimakの機器は調理管理にとってもいい
f:id:shun1234:20170311124159j:image


f:id:shun1234:20170311124216j:image


f:id:shun1234:20170311124235j:image


f:id:shun1234:20170311124248j:image



 

日本帰国後とハローワーク

日本 ハローワーク

日本に帰ってきてから一週間

飲み歩いたり、寒さに凍えて布団の中でダラダラしたりで、タンザニアで持っていたやる気を完全に消失していた。

そんな風になっていたのもやはり日本に帰ってくると自分の事業以外に考えることが多いからだ。

タンザニアにいたときは自分の食べること、寝ること、仕事すること
それ以外なにもなかった。

日本に帰ってきたら、家族のこと、友達のこと、書類のこと、そしてハローワークのことなどでどれから手をつければいいのか分からなく、立ち止まってしまった。

 

本日、ハローワークに行って、曖昧になっていた雇用保険を完全に解決してきた。

これで、余分に考えることがひとつ少なくなった。

 

午後は、タンザニアでバス会社やりたい人にProfitability calculationも済ませた。

簡単な計算だったが、ペイするのに4年もかかるので厳しい。

資料送ったが、先方から返事がない。。。。

 

 

こうやってひとつひとつ話を進めていこうと思う。

明日もまた、別のことをしよう。

タンザニアから日本に帰国

タンザニア

昨日の送別会の二日酔いのあるなか、朝起きるのが大変だった。

ちょっと気持ち悪かったが、空港内でハンバーグを食べたら元気がでた。

ハンバーグとチップス 18,000 tsh

コーラ 3,000 tsh

 

ケチャップたっぷり付けて美味しかった。

 

タンザニアからドバイまで5時間、あっという間だった。

飛行機に乗る前に、jica で会ったことのある人や、 nhkスワヒリ語放送を手伝っている外国語大学に研究員の方に会った。みんなナイロビに行くらしい。

 

ダルから日本まで、ダルで一緒に食事した方と席も近くて沢山話した。

コスメ系をやりたいらしい。

 

アブダビに着いたら、タンザニアより洗練されていテレビ、しかも英語が綺麗。

タンザニア後進国だということを思わされた。

 

アブダビからの飛行機でとなりに座った姉妹がローマからも帰りらしい。

 

タンザニアに来るときもイギリスに行く少年がいたが、本当にハブ空港だなー

 

その姉妹と仲良くなった。

 

日本に帰って来て思うのが、色々綺麗でいいが何度も見たことのある景色に飽きた。

 

そして、寒い。

 

このブログはアフリカビジネスの話なので、日本でもそれに関連していれば書き続けたい。

タンザニア最終日

タンザニア

朝、起きてから豆に関する仕事をぱぱっと終わらせて、national institute of transport の卒業式に参加した。

 

ここは、国営の大学なのだが、授業料がすごく高い。

ジャイカの隊員さんがそこで自動車の整備を教えていて、その生徒さんが卒業するらしい。

 

大臣とか校長の話がとても長くて聞いているのがつらかった。

 

マクンブショーで別のアポがあったため、早めに切り上げた。

マクンブショーでのアポは前回、50分遅れてくるひとだが、僕が30分遅れて行ったら、まだ彼は着いていなくて、電話したらon the way  と言われた。

 

結局、アポからまた50分遅れてきた。

やると言っていた宿題に関しても、彼はやっていないので、彼と仕事をすることはないだろう。

 

 

カリアコーのマサイの女性がビーズの飾りを路上で売ってて、お土産に買った。

 

夜は会社がお別れ会を開いてくれて、楽しかった。

 

タンザニアでの最終営業日

タンザニア

今日は金曜日、そして日曜日には日本に帰国。お世話になっていた会社に挨拶に行ったりした。

その会社で仲の良かった人とアザムアイスクリームを路上で食べながら、最後のお別れを惜しんだ。

みんな"いつタンザニアに帰ってくるの?" と聞いてくるが、そんなの分からない。

話がうまく行けば帰ってくるし、そうでなければ別の国に行くことになるだろう。

 

その会社で挨拶が終わったら、kariakoo とkisutu の卸売り市場に行った。

実際にお店に入らなかったが、近くには荷物を運ぶための、コンテナが空のトラックが沢山停まっていた。

電話で依頼とかするのではなく、その場でいたドライバーにお願いして運ぶらしい。

kisutu の卸売り市場で通りの人に話しかけて商品を卸したいと言ったら"サンプルどこだ?"と言われた。

 

ここが実際に取引されているばしょなんだーと思って嬉しくなった。

 

後で、輸入者の人に聞いたが、タンザニアでは新しい商品に対してあまり免疫がないらしい。

初めは売れている商品を卸してから、関係を作って、委託販売みたいな形で新しい商品を紹介する。

 

そんな形で商売を進めていくらしい。

早くこっちに帰ってきて、商売してみたい。

 

 

午後にtanzania investment centre  に行った。

ここはオンラインで色々書類にアクセス出来るらしいが、実際の手続きはface to face でやらなければならないらしい。

このはなしが聞けて良かった。

 

日本に帰ったら日本で会社を登記して、タンザニア大使館でビジネスビザを取って、タンザニアに入国し、tic で手続きをする。

 

かなり面倒だけれども、やってみようと思う。

 

 

夜は世界銀行で働いている女性に会った。

話がアフリカ全土ではなく、パキスタンやイラン、東南アジアまで幅広く知っていたので、話を聞いていて、とても楽しかった。

僕も年をとったら世界について語れる人になりたい。

 

まだ見ぬ土地があるのに、日本にずっといたくなくて、アフリカに出てきたのはそんな理由もある。

 

夜にタンザニアで初めて運転した。いつもドライバーがいるので、彼の様にクラクションならしたりしたら、なんとなく上手く運転出来た。

帰り道、良く分からない動きをする車にあって、事故りそうになった。

 

タンザニアで免許を取ったのでいい経験が出来た。

 

明日一日終わったら、帰国日だ。

アフリカとか海外にいると日本人のすごい人に会う確立が高い

タンザニア

朝からずっとパソコン使って資料を作っていた。

昼過ぎに車のエンジンがかからなくなって、Fundiに見てもらったら、4本プラグが全部オイルまみれ。。。。
問題はエンジンヘッドのガスケット見たい。

Gasket 60,000 tsh
4 plugs 80,000 tsh
Fundi   10,000 tsh

total 150,000 tshした。結構高い。

 

古い車に乗っていると色々お金がかかってくる。

バイクならほぼ維持費かからないし、単気筒なら修理も簡単なので、今度タンザニアに帰ってくるときは車じゃなくてバイクにしようとおもう。

今朝もお天気雨が降っていて、バイクだとしんどいかなーっておもうけど、渋滞ないし結構いい。

 

 

夕食に日本から来た若い起業家に会った。
カンボジアとかでカフェを開いたり、学生時代に飲みのイベント開いたり、オーストラリアでShare houseを運営したり、とても活発な人だった。

タンザニア二日目なのに時差を感じさせない対応はすごいと思った。

とてもパワーのある人で、こっちまで元気もらった。

 

写真:夕御飯食べたココビーチ


f:id:shun1234:20170127151201j:image


f:id:shun1234:20170127151221j:image

 

彼はとりあえず商材関係なくどんどん営業していく人だった。

 

今回Bukobaでバナナワインのサンプルを僕はもらったので、とりあえず、食品分析センターで検査してからとにかく日本で営業をかけてみたいなーと思った。

彼と一緒にいるとどんどん損益分岐点とか関係なく「進め」といってくれる感じがする。こういう人が会社を動かしていくのだなーと思った。

彼とちょっと話をして、日本ですぐ会社作って何でもいいから実績つくって見たいと思った。

飛込み営業とかものともしないような感覚がその人からした。

実際彼もカンボジアでポケットワイファイの仕事をHISに営業に何度も行ったらしい。

 

タンザニアで営業をしたけれど、何度もその会社に行くことはしなかった。
断れたなら次を当たろうと考えていた。けれど、彼の話を聞いたしつこく仕事を貪欲に取っていく様はすごいし、見習いたい。

 

題名の海外にいる日本人

家柄がすごかったり、ビジネスセンスがすごかったり、20代ですでに実績がある人だったり、本当に多くの人が新たな地を求めて海外に行く。

日本にいたときに見たことある記事やWebsiteを運営している人がなんとなくあっていたりする。

僕も負けてられないので、帰国まで3日。

タンザニアでできることをやって、日本でも動きたい。

 

 

 

写真はタンザニアでよく流れている音楽、とてもリズミカルで楽しい曲だ。
ぜひ聞いてみて


f:id:shun1234:20170127052644j:image