Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

チュニジア産オリーブオイルのイベント

先日、アフリカ関係ということでチュニジアのイベントに行ってきた。

今回のイベント(なんとかしなきゃプロジェクト)の動きを見て、JICAがどのようにアフリカをプロモーションするのかを知ることができた。

チュニジアの食材、オリーブオイルが対象商品で、
料理関係者、広告代理店、会場、政府関係者、そしてすべての出資元JICA.

今後アフリカに関わっていく上で、非常に参考になった。

日本をお客様としてプロモーションしていくにはやはりアッパー層に呼びかけることが必要なのかな?

チュニジア産オリーブオイルの商品としては
ヨーロッパ産のオリーブオイル・ポリフェノール含有量が10-20倍近くあるそうです。
それゆえ、味が辛いそうです。受け売りです。。

しかしながら、チュニジア大使から色々なオリーブの種類があるので一概には「辛い」言えないそうです。

 

写真
井上さんと坂口さんが作った料理たち(おいしいのですぐに終わった)

f:id:shun1234:20170401163509j:plain

f:id:shun1234:20170401163550j:plain

f:id:shun1234:20170401163615j:plain


北海道産の魚介類とチュニジア産オリーブのコラボ商品

f:id:shun1234:20170401163656j:plain


チュニジアから輸入されている数々のオリーブ

f:id:shun1234:20170401163746j:plain


左から
荒井さん(JICA), 井上さん(元総料理長), 坂口さん(フードコーディネーター)

f:id:shun1234:20170401163828j:plain


チュニジアの音楽を演奏する音楽家たち、アラブ語で歌う

f:id:shun1234:20170401163918j:plain