Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

ドル建て振り込みとジェムストーン

タンザニア

お昼くらいにタンザニアのciti bank でドルでタンザニアにある会社に振り込みをした。

会計系の会社だったが、口座がドルのものや現地通貨のものもあるらしい。

 

支払いを終えて、近くでアイスを食べた。

タンザニアの、とくにアザムのアイスクリームはとてもクリーミーで美味しい。

 

お昼過ぎにモロゴロでマイニングをやっている人に会った。

この人はアルーシャのゲストハウスで会った人の兄弟らしい。

ダルに来ているので会わないか?と言われて会うことになった。

彼はマイニングを始めたばかりで、その途中からルビーやスピノが取れるらしい。

しかしながら、deposit がどれくらいあるかの調査もしていないし、あまりお金もないみたい。

輸出のライセンスを持っているらしいが、どうなるかわからない。

原石みたいなのをお土産でもらった


f:id:shun1234:20170121083151j:image

これには価値が無いらしい。

日本に帰ったら、これがなんなのか調査してみようと思う。

 

日本に帰る際に、磨かれたルビーのサンプルをくれると言っていたが、本当にその土地で取れたものか分からないし、一応断っておいた。

 

やはり、ちょっと勉強して、宝石の類いは関わりたい。

偽物捕まされたらたまったもんじゃない。

疑い過ぎかもしれないけど、これはメインの仕事ではないので、この位の距離感が良いのかもしれない。

 

彼はお金がなくて、ダイナマイトも買えないらしい。

銀行のローンも試してみたらしいが、なかなか審査が通らないらしい。

銀行が投資しないのは何か理由があるだろうし、私が投資するのは時期が早いかもしれない。

こういった話は詐欺の場合があるけれど、もし、うまく行っているのならば僕に声が掛かる事もないだろう。

ちょっとしたジレンマである。

 

彼もマイニングの仕事は長期で、米を作るらしい。

6ヵ月あれば、収穫出来るからだ。

こっちは短期の仕事として考えているらしい。

農業専門のローン会社があるらしく、彼はそこにアプローチするらしい。

 

 

昨日会った豆の人もそうだけど、投資対象を見つけるのは大変だ。