Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

ムワンザでの一日

朝、早めに起きて、バス停を探した。やはり、チケットは近くで買えるけど、長距離のバスは10キロくらい離れたニェゲゼという場所まで行かなければならないらしい。

 

とりあえず、午前中のアポもあるので、近くのバス停を後にした。

 

ホテルに帰ってくる道でおばちゃんが作っているストリートフードがあったので、たべた。

パン 豆 お茶、それぞれ 200 tsh.

あまり美味しくないけどお腹が膨れた。

 

因に泊まったホテルはdiplomatic lodge という場所だ。

20,000 シル

 

他のホテルも明るいうちに回ってみたが、ちょっと安いけどトイレ臭かったり、10000シルの宿で外国人だからってぼってくる所だったりで、同じ所にもう一泊することになった。

洗濯物が出来て良かった。

 

投資関係の人に会って、お金借りているお客さんを紹介してもらい、そこにいった。

残念ながら留守だったので、自分で後で来ることになった。

この投資の人はウガンダにもコネがあるらしく、ウガンダに行ってみたくなった。

 

mwanza city council に行ったら、魚の人がofficial letter が無いと何もサポート出来ないと言われた。

彼と話したあと、どうやって行政と付き合えばいいか少し分かるようになった。

 

その人から1つ上の mwanza local government を紹介してもらい、そこで海外投資を誘致する部署の人に会った。

この部署はマグフリさんが大統領になってから出来たらし。

 

その部署の人と話したら、一度、日本に帰って行政とやり取りしたあとに、招待されてタンザニアに入国したほうがいいのではないかと思った。

自分がタンザニアの外にいると、仕事遅そうなのでなんとも言えないが。。。

 

午前中に留守だった魚屋さんにお邪魔した。

ここはナイルパーチの骨と内臓と皮膚をとる加工をしているらしい。ふくさんぶつは中国人が買っているという。

 

本当にどこにでも中国人いる。

 

午前中の投資のひとがグリーンハウスの人も教えてくれたので、行くことにした。

その人がスワヒリ語しか話さなくて苦労した。

5時頃あうよていになり、行きたかったが、遠い所にいる。

ピキピキで15,000 もかかった。往復30キロ位の道のりだ。

しかし、田舎の場所やグリーンハウスを見れたのでよかった。

 

街に帰ってきて、もうムワンザでやり残すことがなくなったので、ブコバ行きのバスチケットを買った。

20,000 tsh

 

どんどんお金が無くなっていく。

 

魚の薫製を帰りに買って、食べた。 2,000 tsh

 

タンザニアで初めて魚を食べた。

 

明日の朝は4時起きでニェゲゼバス停まで移動だ。

朝、ミニバスが走っているといいな。

 


f:id:shun1234:20170106161647j:image