Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

arusha to moshi

朝6時に起きて、7時のバスでモシへ向かった。ミニバスで運賃は2500シル。みんな騙そうと3000シルと言ってくるのだが乗客と運転手に聞くのが一番だ。

 

アルーシャのホテルはチェックアウトしてあって、モシからムワンザまで行こうと思っていたが、後々大変なことになる。

 

モシへの道中、キリマンジャロをみた。

ただの雪山だった。

 

二時間の道のりでモシへ到着した。バス停での営業はアルーシャよりひどくなかった。

 

すでに現地のジャイカ隊員さんから安宿を教えてもらっていたのでそこへ行く。 kilimanjaro packpackers というホステルだ。

日本人は八人くらいいてびっくりした。みんな昨日キリマンジャロに登って帰って来たらしい。疲れているようだった。

 

住んでるのが日本人多いので、相部屋にした。6ドル。

 

朝食パン三枚食べて、11時のアポにむけて、new nssf building に向かった。

人に聞きながら歩いて行ったので、時間掛かったし、汗かいた。モシはアルーシャより全然暑かった。

 

一個目のアポはうまくいったし、投資に協力したいと言ってくれたけど、その人が病気で最近手術したらしい。ちょっと生命力がないのが難点だ。

 

そのあと、昼食を取らないまま、ダルから連絡を取っていた宝石商に会いにいった。

彼は宝石のみじゃなく、不動産やホテル業をしているらしい。

食品加工に興味を持ってくれて、フィッシュマーケットに連れていってくれることになった。

親子で対応してくれたのだが、息子が中国の大学で国際経済を勉強したそうだ。

頭が良さそうだし、熱心に僕の話をメモとりながら聞いてくれるので、うれしいいが、ちょっとアイディアを盗まれたり、会社を一緒に作ってものっとられてしまうのじゃないか?と感じた。

 

やってみなければ分からないけど。

フィッシュマーケットに行ってからは小売の人と卸売りぼ人に何点か質問した。彼らは無駄を作らないように在庫を買っている。無駄を作っているのは、生産者のようだ。この数字の調査を息子に託して、彼と別れた。

 

その後、municipal office に行った。場所が分からなくて会う予定の人よりもずっとえらい人に会うことになった。

そのごピキピキにのって会う予定のあったofficer に会いに行った。彼からムワンザの人を紹介してもらって。別れた。

 

すでに4時を回っており、ジャイカの隊員さんと4時にあうよていが遅れてしまった。

またピキピキで移動た。1000シル。

 

話したら、r&d の人だったけど数学教えているらしい。数学を教えているらしい。

友達に南スーダンで隊員やってたひとがいるらしく、今度話聞きたい。

 

 

移動することになってバスのムワンザ行きのチケットを買おうとしたら、4日先まで全部満員らしい。

どっかの部族が1/3からムワンザにモシからの帰るらしい。

その日丁度当たってしまった。

 

ジャイカの隊員さんにも手伝ってもらって、アルーシャ発のチケットを取ってもらった。オンラインじゃないと本当にに面倒だ。エムペサで支払ってもらったのはいいが、今度はチケットを受け取らなければならない。

 

そして、モシからアルーシャ行きのミニバスがチョー混んでいる。

みんな我先にとおしくら饅頭をしていた。

 

ホステルは結局泊まらないままチェックアウトし、リュックを持ってバスに乗り込んだ。途中で押されすぎて、20,000シルしたリュックがピリピリってなってちょっと壊れた。

 

アルーシャへのバスの中でアルーシャで中学校の先生をしている女の人と隣になった。タンザニアは中学校から英語教育なので、彼女も英語が堪能だった。

 

アルーシャでのムワンザ行きバスチケットの受け取りは8:00を予定していたが、8:30 になってしまった。

チケットを受け取って、バスの場所を教えてもらったら、ソーダを請求された。なにかしたらすぐに何かを要求するタンザニアの人は好きじゃない。プロフェッショナリズムが実現するのはいつなのだろう?

 

前に泊まっていたホステルが満員だったのでそこの従業員が、一緒にホテルを廻ってくれて、30,000シルから25,000シルへ値段を下げてくれた。

しかし、彼に夕食をおごったので、値引きの意味がなくなった。

 

しかし、彼から色々話を聞けたのでよしとするのもいいが、奢ってる関係がアウトサイダーを僕のことを見なしているし、外国人として見ているからなのだろう。

 

早くねた。

明日は5時起きだ。

 


f:id:shun1234:20170104231706j:image

 


f:id:shun1234:20170104231738j:image

 


f:id:shun1234:20170104231751j:image