Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

タンザニアでの外国人の希少性

タンザニアには日本人が400人位しかいない。

また外国人は皆金持ちと思われる。

発展途上国にいる外国人はみな、プロジェクト関係だったり。

それによって、犯罪に巻き込まれることはあるが、商売をする上ではかなり有利に働く。

 

今日も車会社の社長にアポを入れて、会ってくれたし、色々話を通してくれる。

 

今晩、日本人の飲み会があったのだが、日本にいたら絶対に会えない外務省の人とかに会える。

 

もちろん彼らは彼らなりの目的によって行動しているのだが、日本にいたら経験出来ないことを海外で出来る。

そういうのはすばらしいと思う。

 

先日、タンザニアの外務省の人にあったのも、タンンザニアにいる外国人ということで会ってくれたのだと思う。

 

こういったのをどのように派生させていくのがキーポイントだと思う。